Loading

レバレッジを使える信用取引で投資

投資をするためには十分な資金がないとできないと考えてしまいがちですが、信用取引はあまり大きなお金はないという人であっても大きなお金を動かすことが可能な投資方法です。レバレッジを使えるのは信用取引の優れている点であり、およそ現金予算の三倍まで運用することが可能です。足りない部分のお金は借り入れをして株式の購入に使用できる仕組みになっていて、借り入れがある間は利子がついてしまうので注意しなければなりません。しかし、それを越える利益を上げられれば良いという考え方で運用することができるのです。投資額が三倍になれば利益も三倍に増やせるという単純計算をするとその魅力もよく理解できるでしょう。少額しか資金がない人に限らずレバレッジは使用可能です。

空売りを活用できる信用取引

信用取引は投資の方法として借り入れができるのが特徴ですが、借りられるのは現金だけではなく株式も同様です。持っていない株式を売ってしまう空売りを活用できるのは株式取引をする上で利益を上げやすくする点でしょう。これから株価が下がるというときに空売りをしてしまい、値段が下がりきったところで買い戻すという形で利益を生み出すことができるからです。このため、株式の価格が上がるときでも下がるときでも利益を生み出せるのが信用取引の魅力と言えます。レバレッジと合わせて利用していくと大きな利益を生み出せる可能性があるので、投資の方法に悩んでいるときには信用取引の活用を検討してみると良いでしょう。

信用取引の費用は証券会社により違いますが、まず保証金が必要です30万円前後です、そして取引ごとに手数料150円前後、買う場合は金利が2.8%前後、売る場合は貸し株料が1.15%前後がかかります。

Top