Loading

ファンドラップはもともとは富裕層向けの投資商品

ファンドラップは証券会社に運用を一任することができる投資商品の一つであり、ファンドに限定した運用を行うのが特徴です。多様なファンドを扱っている証券会社ほどリスクを分散させた投資が行えるため、ファンド商品の多さやその実績が重要になります。もともとは富裕層向けの投資商品として流通していたものであり、最低運用資産が1000万円という証券会社もあるのが現状です。大きな資産を形成している人ほど忙しく働いていることが多く、資産形成に時間もエネルギーも費やせないことが多いでしょう。そのような人たちがただお金を銀行に預けて眠らせておくのではなく、積極的な運用ができるように提供されるようになったサービスの一つがファンドラップです。証券会社に運用を一任できるので、投資による利益を上げやすくなっています。

少額でもできるファンドラップの登場

ファンドラップは富裕層向けという印象が強かったのは確かですが、より一般の人にも使いやすい商品を提供しようと最低運用資産額が小さくなる傾向があります。現在では300万円をボーダーラインとしている証券会社が多くなりました。それに加えて10万円からという誰でも運用を始められるような商品まで提供されるようになっています。できるだけ多くの人に利用できるようにという便宜を図るようになったのは、少ない資産を運用して少しでも資産を大きくしたいという人が増えてきている影響があるのは確かです。少額資産しかないという人も運用を一任したいと考えたらファンドラップを考えてみましょう。

jリートのファンドは日本国内の不動産投資信託のことで、jリートのjはjapanの頭文字から取られています。不動産に投資し、家賃を配当金として分配するためローリスクでリターンを見込めます。

Top