Loading

個人型確定拠出年金のメリット

個人型確定拠出年金とは、国民年金や厚生年金とは違い、加入者自身がその運用方法を決めることができる年金です。かけ金が所得控除されるので、所得税や住民税を節約できるというメリットがあります。

また、運用によって得られた利益や配当金について、全額非課税となるという点も大きなメリットとなるでしょう。投資信託を利用して利益を出した場合には約20%の税金がかかりますので、同じ利益を出した場合には20%分の得をすると考えられます。うまく運用をして資産を増やしていくことができれば、老後に受け取れる年金の金額が大きくなります。

リスクも存在している!デメリットも理解しておく

個人型確定拠出年金は資産運用の一種ですので、リスクも存在しています。運用に失敗をすれば、老後に受け取れる年金の額が積み立てたお金よりも小さくなってしまいます。資産運用の方法は個人が自由に決められますが、投資の知識がない人にとっては、その自由度の高さがデメリットと感じてしまうこともあるようです。リスクについても十分に理解をして、バランスよく分散投資をするのが良いでしょう。

また、60歳になるまでは原則として解約ができませんので、一度お金を預けると、引き出すことが難しいということもデメリットとなります。

余裕のある資金で行えばメリットのほうが大きくなる?

一般的な投資信託に比べると、所得控除が適用されることや、運用益に対して20%の税金がかからないというポイントについては、ほぼ確実にメリットとなります。その一方で、お金を簡単には引き出すことができないということがデメリットとなりますので、余裕のある資金でお金を積み立てるようにすることが、メリットを最大限に活かす方法となるでしょう。

個人型確定拠出年金とは、加入者自身が資産を運用するタイプの年金です。加入者が毎月掛け金を積立て運用することから、将来受け取れる年金の額は、運用次第で異なってきます。

Top