Loading

介護職の世界が広がる実務者研修

介護職の代表的な国家資格に「介護福祉士」があります。国家資格なので当然試験がありますし、誰でも取得できる資格という訳ではありませんが、現場経験を積みつつ試験対策のための勉強を怠らなければ試験に合格することができ、資格を取得できます。介護福祉士になればケアマネジャーなど更にキャリアアップできる道が開けてきます。こういった職務を行うためには介護福祉士の資格が欠かせないのです。そんな介護福祉士の資格を取得するために必要なのが、「実務者研修」の受講です。介護職としてのキャリアを築くためには、介護福祉士を目指すべきであり、その通り道の実務者研修も重要な研修だと言えます。ちなみに介護福祉士の資格が無くても、実務者研修を修了すれば「サービス提供責任者」になることができます。

実務者研修って何するの?

実務者研修ではより専門的な介護の知識を学び、実践的な知識や技術の習得を目指すことができます。そして最近介護の現場で必要とされる医療的な知識についても学ぶことができます。例えば「たん吸引」や「経管栄養」といった処置は本来は医師や看護師にしか認められていませんでしたが、この実務者研修の受講によってそれらの知識を得ることができます。実務者研修ではこのような医療的知識から介護の基礎まで幅広い科目を学習します。ただ、もし実務者研修の前段階の研修である「初任者研修」を受講していた場合、受講が免除となる科目もあります。実務者研修は初任者研修のステップアップの講座でありながらも、介護福祉士やサービス提供責任者になるためには欠かすことのできない講座でもあるのです。

実務者研修は、さまざまなシチュエーションの下で介護の仕事を遂行するための知識や技術を身につける研修で、介護福祉士国家試験の受験資格のひとつです。

Top