Loading

意外と知られていない、高校の転入

引っ越しなどの事情で、高校の転入手続きが必要になることがあります。でも、小学校や中学校と違い、高校は試験を経て入学していますので、別の高校に移るとなるともう一度試験を受けなければならないのか、気になりますよね。そこで、別の高校に転入する際の手続きについてまとめました。

転入先の高校の選び方

別の高校に転入する際は、原則転入試験を受けなければなりません。試験に合格できなければ、当然その高校に転入することはできませんので、今の自分の実力に合った学校を探すことになります。まずは現在通っている高校の先生に、自分のレベルでどれくらいの学校なら行けそうか、よく相談しましょう。また、転校先の校風、カリキュラムなどは、自分自身か家族がネットで情報を集めると良いです。ただし、希望の学校に定員の空きがなければ転入できませんので注意が必要です。

転入の手順はどうなっているの?

他の高校に転入する場には、まず現在通っている高校にその旨を伝えます。学校側で、在籍証明書や成績証明書、転学照会書など必要な書類を準備してくれます。その後、転入を希望する高校に電話で連絡をして、転入が可能かどうかを確認します。定員に空きがあり転入が可能であれば、転入試験を受けます。合格したら、入学に必要な書類を提出します。これで手続きは完了です。なお、高校転入の手続きについては都道府県によって異なりますので、事前に確認することをおすすめします。転入の手続きについては、学校側でやってもらえることが多いので意外と簡単です。ですが、試験は自分の力で合格する必要があります。転入する学校が決まったら、試験の勉強を頑張りましょう。無事希望の学校に転入して、楽しい高校生活を送れるといいですね!

高校転入を検討している方におすすめしたいのは、情報収集を徹底的に行うことです。通信制やフリースクールなどさまざまなスタイルの教育機関が存在しています。

Top