Loading

デビットカードの仕組み

デビットカードは、預金口座のキャッシュカードに即時決済の機能が付いたカードのことを指します。わざわざATMからお金を下ろさなくても、手数料がかかることなく店頭から即時で直接口座から支払えるので、銀行の営業時間外でも利用しやすいです。多くは、クレジットカードの国際ブランドの決済システムを利用して出金させるため、券面に国際ブランドとカード番号、利用期限が記されています。クレジットカードと同様に、加盟店でないと利用出来ないので注意してください。

クレジットカードとの違い

クレジットカードは加入前に審査があり、認可された方だけが立替払いの利用が可能になります。審査に応じて限度額が決められ、一括払いや分割払い、リボ払いが可能な枠が提示されます。一方、デビットカードは、自分の口座残高が限度額とされるので、特殊な機能が付いていない限り無審査で、高校生でも加入でき、信用情報に事故情報が記載されている方でも利用できます。審査がない代わりに信用度が劣ることから、支払い方法が一括払いのみとなります。

デビットカードの選び方と利用上の注意

デビットカードは審査がない物がほとんどですが、当座貸越のように、引き落とした時に足りない金額を一時的に立て替える機能が付いている口座の場合は、審査が行われることがあります。金融トラブルを起こした方は加入しにくいので、避けた方がいいいでしょう。店舗やネットショップでの買い物の時は、クレジットカード一括払いとして支払いができますが、一部のガソリンスタンドや月々のサービス料金の支払いには使えないことがあります。利用の前に確認するようにしてください。

決済代行とはその文字通り決済を代わりに行ってくれることです、手数料を払いサービスを受けると中小で難しいクレジットカードやコンビニ、携帯払い等の支払を受ける事が出来るので商売の幅が広がります。

Top